暑苦しい夏などの過ごし方は?

暑苦しい夏

私は、夏になる前、梅雨あたりから、もう体が重くて頭痛もすごくて、それが暑苦しい夏になればさらに酷くなり夏バテしやすい体なのだなと思っています。

 

よく雑誌やネットでは、エアコンなどで体が疲れてしまうとか汗をかくことで体力消耗が激しいことが夏バテの原因と書かれているので汗をかかないわけにも行かないし、会社のエアコンをとめるわけにも行かないのでこれはもうどうしようもないのかなと諦めていました。

 

でも、同僚にその話をしてみると、同僚も暑苦しい夏などは、夏バテが酷くて悩んでいるとのこと。

 

同僚の場合は、酷いと夏バテで眠れなくなったりもするようで私よりも大変そうでした。

 

同僚がやっている対処法は?

暑苦しい夏

同僚がやっている暑苦しい夏などの対処法を聞くと、家のエアコンはかなり温度設定をゆるくして28〜29度ですごす事や、お風呂の湯船につかってなるべく体を温めたり、 食事も冷たいものを食べず体が温まるものを食べる、

 

硬水を飲むなど工夫しているようでした。それを聞いて自分も心がけるようにしていたのですが特に、お風呂に毎日しっかり入ってシャワーですませないようにしたら、大分改善したように思いました。

 

それでもドッと疲れる日はありますが、少しは楽になったのでこの時期、お風呂は毎日かかさずにつかるようにしています。

 

クーラーをお休みタイマーにしておく と寝やすいですし、朝起きると暑いのでクーラーをつけなければそのまま起きれます。

 

当然ですが朝起きれないサプリを使用するならパワーが出るタイプの方が良いですよね。

 

暑苦しい夏などは中々暑くて寝れない場合もあるかもしれません。

 

年齢を重ねていくと暑さなどに鈍感になってしまう場合もあるので、知らない間に熱中症になってしまうというのが高齢者にも起きやすい場合もあるようです。

 

そのような場合には認知症も進んでいるという事が考えられますが、昔に比べると夏の暑さが異常という感じがするので、地球も温暖化してきているのでしょうか?

 

こうなったら暑苦しい夏の対策として、直接地球にクーラーを設置するしかありませんね。

 

 

 

暑苦しい夏などの季節の過ごし方おすすめサイト