シャンプーの成分というとすごいたくさんある

成分

シャンプーの成分というと成分表に書かれている成分が30個以上とかになると何が何だか分からなくなります。

 

香りでバラが配合されていればバラの香りがしますが、ラベンダーもついでに配合されていると両方がミックスされるので、これまた色々な成分が配合されているので結構困ります。

 

シャンプーの洗浄成分でも1つだけしか配合されているというのも少なくほとんど4個や5個など洗浄成分だけでも配合されている事が多いです。

 

コーティング系を含めた静電気などを防止する役割もあったりするので、成分が同じでも役割が違ったりするから全然分かりません。

 

天然成分も非常に多く配合されていたり、逆にシャンプーによって配合されている成分が少なかったりします。

 

成分が多いと良く見えますが、1つの成分あたりに配合されている量が少なくなる傾向もあります。

 

しかし成分が少ないシャンプーでも水とか洗浄成分が非常に多く配合され残りは非常に少ない可能性もあるので、実際にどれくらい配合されているかはかなり分からないというのが特徴です。

 

成分量の多さによって配合表の順番は決まりますが、医薬部外品になると配合量の多さで順番でなくても良いので、より分かりにくくなります。

 

 

 

 

 

シャンプーの成分と言っても分からないことだらけ おすすめサイト